最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、選べずにいるという方がとても多いのです。

そのような場合にスペシャリストであるアドバイザーに相談し、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、無料で相談できる場合もあるので是非参考にしてみましょう。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

何千万という高額な単位の住宅ローンなので、多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実しているおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、割引される嬉しいサービスが付いてきます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

近々、マイホームを購入したいと考えている方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、一例として110万円以上の援助を受けた時は、10%の税金を支払わなければなりません。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

家が欲しい!思ったときに資金調達として利用できるのが住宅ローンです。

申し込みはお近くの銀行や信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。

しかし、どの場合でも融資できるかどうか。

審査があります。

大事な事は職業・勤続年数・年収などが主になります。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども審査基準の判断になりますので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申し込みをした方が後々自分のためになります。

今後、新築を希望されている方や既にローンを組んでいる方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。

このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなのでそれ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。

それで、購入する物件のある程度の価格がいくらなのか?これを明確にした上で申請する必要があります。

もし、法律に違反いている契約であったとすれば間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、今後、後悔のない選択をしていきましょう。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申し込みした場合、初めに審査があります。

それにパスが出来ないと次の段階には行けません。

重要な判断材料は年収や勤続年数、また場合によっては仕事内容があります。

また、カードローンの使用歴なども厳しくチェックすることがあるので今後本当に家の購入を検討しているのであれば無謀な使い方はやめましょう。

できれば使わないのが一番良いです。

自分の家を建てよう!と思ったとき資金関係で役立つのは住宅ローンです。

申し込みは、銀行や信用金庫などから申請も出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うので不動産屋と提携している銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。

返済期間に関しては人それぞれになりますが最長で35年の借入が可能です。

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

一般的に、40歳を超える申し込みに関しては難しくなるケースが多いようです。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、他の銀行の年金生活者の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所はまずないでしょう。

借り換えを考えている時はそういった事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

年金生活者の住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。

フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様そんなフラット35の審査は、とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はとはいえ、年収や勤続年数などは一般的な年金生活者の住宅ローンと一緒です。

これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、色々な面から審査されるそうです。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。

以上の事から、支払をするにする。

という様なことはまず難しいでしょう。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?簡単な方法としては銀行・信用金庫で借り入れする事です。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

現在、住宅ローンを返済中の方もこれからの方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

その他に年収や年齢など様々に確認される場合もあるので把握して毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

人生で最も高い買い物といっても過言ではない、後悔しない住宅ローンを選ぶためにどうしましたか。

まだローンを組む銀行が決まっていないという方も、借り換えを希望している方もまずは口コミを参考にしましょう。

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

その人気の理由は、何よりも金利の安さにあります。

保証料や失病保障などの手数料もかからず、今ならキャンペーン中なのでとてもお勧めです。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。

年金生活者の住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

年金生活者の住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく行われます。

参考:年金受給者でも審査に通る住宅ローンとは?【65歳以上も申込み可能?】

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も用意しましょう。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があれば残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。

関連ページ